丸山亜季記念「子どもが育つ うた・リズム」

ムジカ春の教育講座、丸山亜季記念「子どもが育つ うた・リズム」を4月29日に開催しました。

前半の「リズム」には約200名、後半の「うた」にはプラス30名程の方が参加し、今年も熱気にあふれた講座となりました。 「リズム」は群馬音楽教育の会のみなさんのピアノとリードですすめられ、会場いっぱいに溌剌と動き、初めて教えていただいたモンゴルの踊りやあそびに夢中になり、みんなでからだいっぱい楽しみながら学びました。

「うた」は東京音楽教育の会のみなさんの協力をいただき、丸山亜季先生の作ったうたをたくさん歌いました。途中、うたにまつわるお話もしていただいたので、うたのイメージが広がり、みなさん歌う楽しさが増したようでした。

 

リズム「かめ」

 

リードの先生の見事な「てんぐ」

 

「カエルとび」の飛び方を群馬の保育士さんが実際に見せてくださって

拍手大喝采でした。

 

群馬の保育士さんたちによるモンゴルのハンカチの踊り。

 

モンゴルの踊りのあとに「スーホの白い馬」から4曲を歌いました。

 

後半の「うた」では、ピアノを囲んで、たくさん歌いました。

 

双葉参加者の感想より

Docomo104リズムについて学びはじめたばかりなので、実際に見たり、動いてみることができ、とても勉強になりました。リードしてくださった群馬の先生方の動きに驚き、すごいと感じ、子どもたちにもこんなふうに感じてもらえるようにできたら、と思いました。

Docomo104保育園でリズムあそびを行っていますが、テンポやリズムが違うのがあったので、とても勉強になりました。幼児クラスでリズムに力を入れていきたいと思っているので、今日教えてもらったことを活かし、保育の中で伝えていきたいと思います。

Docomo104今回で3回目の参加になりますが、モンゴルの知らなかったあそび、羊の毛刈りやハンカチのおどりなどを知る良い機会となりました。また、群馬の保育園の先生方の動きが大きくて、すごい動きをしていて、大天狗やかえるなど驚きました。これからも子どもたちとリズムとうたを楽しんでいきたいと思います。

Docomo104モンゴルのおどりやあそび、毛刈りがとても興味深かったです。リズムでは「なべなべ〜ひらいた」がとても楽しくて、ぜひ園でもおこなってみたいと思いました。

Docomo104初めての参加でしたが、とっても楽しかったです。子どもたちが楽しくリズムあそびをしている姿が目に浮かぶようなものでした。自分もやってみて、本当に楽しく、全身をつかってあそんでいることが体験できてよかったです。うたは知らない歌が多かったのですが、うたの内容を聞けたので、口づさみやすかったです。

 

 

 



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

書いた記事数:85 最後に更新した日:2019/05/02

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM