たんぽぽ教室のコマ回し大会

新しい年を迎えました。今年もよろしくお願いいたします。

 

14日(土)は今年最初の子どものうたとリズムの「たんぽぽ教室」でした。

新年ということで、機関紙「ムジカ」の連載エッセイでおなじみ、「コマおじさん」ことぬりやくにお先生をお招きしての「コマ回し大会」をおこないました。

 

会場には現役のたんぽぼ生だけでなく、元たんぽぼの親子やお友達など沢山集まってくれました。

最初にぬりや先生は得意のアコーディオンを弾いてくださって、いつものピアノとは違う音色に子ども達は興味深々。

次に先生が袋を取り出すと、なかにはぎっしりといろんなコマが詰め込まれていました。世界中のコマを集めて千個も持っているそうです。

床の上にそのコマを広げると子ども達は早速いろんなコマを手にとって次々に回してみます。

 

たくさんのコマに夢中で群がる子どもたち。まんなかに立っているのがぬりや先生。

 

先生は回すと音の鳴る「鳴り独楽」、回ったとたん中からちいさい独楽がとびだしてくる「飛び出し独楽」、木の芽のような極小独楽、ムチでたたきながら回す「ムチ独楽」、とめずらしい独楽を次から次へと出してきて、そのたびに子ども達もお父さん達もお母さん達も目をキラキラさせてぬりや先生を取り囲み、めずらしいコマ回しに挑戦しました。

 

巨大独楽をぬりや先生と息子さんふたりがかりで回します。

 

最後に出て来たのはぬりや先生ご自慢の大独楽。なんと直径80センチ、これは世界一では!と思いましたが、あとで調べたら福岡県飯塚市の「日本の独楽資料館」にはもっと大きな巨大独楽があるそうです(笑)。

とはいえ、この大独楽を回すのには力と技術が必要で、ぬりや先生と息子さんが二人がかりで回すとゴォーっとまわり始めました。

先生がカウントを始めて47まで数えたところで止まりました。いままでの最高記録は自由の森学園の高校生が2分間位回したそうですが、今回もなかなかいい記録のようです。

 

みんなで回せるかなあ?

 

次はお父さん達が大独楽に挑戦してみますが、10回以上回すのもたいへんでした。

子どもたちもみんなで回そうとしましたがあまりに大きいのでさすがに上手く回りません。

でも見たこともない巨大独楽にみな大はしゃぎでした。

 

楽しいコマ回しの時間はあっという間にすぎ、最後はリズムの「こま」。自分がコマになってクルクル回って、目も回って床にどって〜ん。

ほんとうに楽しい楽しいコマ回し大会でした。

ぬりや先生、そしてお手伝いしてくださった息子さん、ありがとうございました。

 

 



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

書いた記事数:85 最後に更新した日:2019/05/02

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM