丸山亜季記念 子どもが育つ「うた・リズム」



リズム「とんぼ」


リズム「てんぐとび」


「オキクルミと悪魔」のお話をきく



体育館いっぱいに歌声がひびきます

4月29日(祝・金)にムジカ教育講座の−丸山亜季記念−子どもが育つ「うた・リズム」が開催されました。リズムは丸山先生の地元群馬で長年丸山先生から学んできた、群馬音楽教育の会の先生達のリードで学び、うたは東京音楽教育の会の先生達のリードでたくさん歌いました。初めて参加される方も多かったのですが、リードしてくださった先生方の見事な動きを見てみなさんも弾けるように動き、歌い、楽しんでいただけたようです。すこしでも明日からの実践に活かしていただけたら、嬉しく思います。

参加者のみなさんから感想をたくさん寄せていただきました。丸山亜季先生が亡くなり、群馬と東京の音楽教育の会のみなさんの協力をいただいて開催する2回目の講座でしたが、みなさんのご意見やご要望も参考にさせていただきながら、丸山先生の音楽教育への情熱と想いを未来へつなげていく講座を続けて行きたいと思います。参加してくださったみなさま、リードをしてくださった先生方、本当にありがとうございました。
 
双葉参加者の感想より
とても楽しかったし、たいへん勉強になりました。力強いみなさんの動きを目の前で見ることで、自分もできるようになりたいと思い、本物のリズムの動きとはこういうものかと園の子ども達にも見せたいと思いました。たくさんの方々が集まり、声を合わせてうたをうたい、楽しかった。うた一つ一つ、表現の仕方がわかり、勉強になりました。自然、人々の生活、物語がうた、メロディーになってイメージがひろがっていきました。これからも新しい気持ちをもって、子どもたちとうた・リズムを続けていきたいと思います。
3度目の参加となりますが、毎回リズムも歌も一緒に行うことで、新しいものを知ることができて勉強になったり、もっと動けるようになったらと思ったり、いろいろと参考にさせていただいています。回数を重ねるごとに知っている歌も増えてきて、歌を歌うことは気持ちいいな、と感じられるようになってきました。
想像していた以上にからだを激しく使うリズムが多く、とっても疲れましたが、その中で自分も周りの人たちも笑顔になり、心から楽しいと感じて自然に表情が生れていることに気づいた。どういった部分(動き)を大切にからだを動かすと良いか等、近くにいた先生に聞くことができ、意識を持つだけで動きがずいぶん変わることを感じた。見本となる先生を近くに見ながら、すぐに実践できることは、とても良かった。
リズムも歌も楽しかったです。ドキドキの初参加でしたが、楽しくアットホームな雰囲気でのびのびと動けて良かったです。知らない歌が多かったのですが、歌詞がすてきなものが多く、楽しく歌えました。
自園でもリズムを取り入れていましたが、初めて生で正しいものを見られて勉強になりました。ひとつひとつのリズムのポイントを教えてもらえると良いな、と思います。
リズムは上手下手ではなく、自分の持つ力を精いっぱいに出しきってやることで、輝くものだと感じました。大人だって、生のピアノに合わせ、力いっぱい体を動かすのが楽しいのだから、子どもならどれだけの喜びなんだろうな、と感じました。初参加でしたが、楽しかったです。
歌の楽しさをとても感じた1日でした。うたうってこんなに気持ちいいんですね。クラスの子ども達の顔がたくさん浮かんできました。声が出ない子も、きっとこんな歌を聞いていたら歌いだすのではないか、とか。これからたくさん子どもたちと一緒にうたっていきたいです。そして歌を教えてもらいたいと思いました。


 


calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

書いた記事数:85 最後に更新した日:2019/05/02

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM