八ヶ岳・夏の合唱講座報告

合唱の練習風景 

合唱の練習風景


フィナーレ・コンサート前、ゲストとの合わせ練習


フィナーレ・コンサート本番

第39回八ヶ岳・夏の合唱講座を8月21日〜23日の3日間、長野県諏訪郡原村の八ヶ岳自然文化園で開催いたしました。今年の参加者は120名、おもには首都圏からの参加者ですが、なかには遠く福岡、香川、高知、広島からの方もいらっしゃいます。


宿泊のペンションは9軒、みな毎年おなじみのペンションで、そのうちの3軒は1994年に原村で合唱講座を開催するようになってから20年以上のお付き合いです。どのペンションもオーナーのみなさんが毎年あたたかく迎えてくださるので、本当に有難いことです。


そして、今年のゲストコンサートは「ラッキー・ドラゴン・クインテット」。ピアノ・崔善愛さん、チェロ・三宅進さん、ヴィオラ・渡邉信一郎さん、ヴァイオリン・戸島さや野さんと竹原奈津さん。夏講では久しぶりの弦楽アンサンブルのコンサートでしたが、ムジカでおなじみの作曲家・林光さんの曲や、シューマンのピアノ五重奏曲といった聴きごたえのある大曲をみごとな演奏で聴かせてくださいました。

 

合唱では林光さん曲の「伝説のひろばのうた」やスメタナのオペラ「売られた花嫁」のなかの愉快な曲「木の芽はみどりに」など全5曲を練習しました。指揮は内田功先生、ピアノは金澤亜希子さん。
3日間と言っても、2日目の夜はゲストコンサートがありますので、実際の練習時間は全部で11時間くらいしかありません。11時間で5曲をこなすのですから、指揮者も参加者のみなさんもかなり集中しての練習になります。普段は合唱をやっていない方もいますが、経験者の声に支えられて一生懸命ついてきてくださいました。


その甲斐あって、フィナーレコンサートはゲストのラッキー・ドラゴン・クインテットの弦楽器との共演で、みなさんとても気持ちよく、心を込めて歌うことができたようです。会場には40名程のお客様が聞きにきてくれましたが、いい演奏を聞いていただくことができて本当によかったです。


今年も“音楽三昧”の3日間。みんなで創りあげる合唱、すてきな音楽に触れるゲストコンサート、ゲストの方々と共演するフィナーレコンサート、そして雄大な八ヶ岳を望む原村の自然、風、空気、おいしい食べ物
、みなさんに充分に楽しんでいただけたことと思います。
特に、今回は2日目のフリータイムに都立第五福竜丸展示館の安田和也さんのお話も聞くことができて、本当に有意義な時間を持つことができました。


参加のみなさん、ゲストのみなさん、八ヶ岳自然文化園のスタッフのみなさん、そしてペンションのみなさん、たくさんの方々の協力をいただき本当にありがとうございました。心より感謝申し上げます。

さて、来年はムジカ創立40周年で、夏の合唱講座も第40回目となります。日程は2016年8月19日(金)〜21(日)。記念すべき夏の合唱講座にぜひまたご参加ください。ぜひまた原村でお会いしましょう。



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

書いた記事数:85 最後に更新した日:2019/05/02

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM