丸山亜季先生追悼「子どもが育つ うた・リズム」報告

 
前半のリズム講習はじっくり2時間


うたは東京音楽教育の会のみなさんの伴奏で歌いました。

4月29日(水)、ムジカの教育講座〜丸山亜季先生追悼〜「子どもが育つ うた・リズム」が開催されました。講師で作曲家の丸山亜季先生が昨年11月に急逝し、今回は丸山先生がいらっしゃらなくて初めておこなう講座。

前半のリズムを群馬の音楽教育の会のみなさんと埼玉のいなほ保育園のみなさんのリードで、また歌を東京音楽教育の会の先生方にリードしていただき講習をすすめていきました。

参加してくださったのは約200名の保育士や教師のみなさん。リードしてくださる先生方の見事な動きに歓声が沸き、会場の体育館いっぱいに活き活きと躍動し、動く楽しさ、歌う喜びをみんなで感じる講習になりました。
「楽しかった!」、「勉強になった」、「刺激になった」という感想が沢山寄せられました。感想をすこしだけ紹介します。

 

短い時間でしたが、リズムも歌もとても楽しかったです。特に歌の伴奏が、その歌の絵がひろがり、とても素晴らしく感動しました。そして気持ちよく声を出して歌えたのが、大きな喜びになりました。また来年も機会があったら、ぜひ参加したいと思います。ムジカ、そのほか多くのみなさまありがとうございました!!

 

いつかいつか、と思っていたのですが、丸山先生が亡くなってしまったあとで残念でした。でも、こうして参加でき、勉強になりました。園でもリズムはやっていますが、とにかく動きが違いました!体を動かす楽しみを保育士にも伝えていきたいです。公立園ですが、その喜びを学び、伝えていけたらと思っています。歌もとても力になりました!ありがとうございました。

 

言葉で説明されるより、なによりも素晴らしい見本となる先生方の動きを目の前で見ることができて良かった。それだけでもとても勉強になりました。ぜひ子ども達にも見せてあげたいなぁ〜と思うくらいすごかったです。歌は知らない曲ばからだったのですが、ほかの先生方の声がとても心地良かったです。

 

リズム、とても楽しかったです!できなくても「たのしい!」ばかり言っていました。実際に体を動かしてリズムの楽しさを改めて感じることができた嬉しさ。この喜びを園に持ち帰って子どもたちに伝えていきたいと思いました。言われて頭で覚え、考えるのではなく、見て感じて体を動かすこと。体で伝えることの大切さを感じ、そのためには日々の努力と積み重ねが必要だと思いました。ひとつひとつの動きのポイントを一緒に体を動かすことで感じられたことが嬉しかったです。「一緒にやってみたい」、「たのしそう」と子どもたちに思ってもらえるようなリズムをしていきたいです。汗だくになれて本当に楽しかったです。

 

「音楽教育の会」の2015年全国大会が、7月25日〜27日、群馬県前橋市で開催されます。大会の詳細は「音楽教育の会」のホームページhttp://www.ongaku-kyoikunokai.com/taikai.htmを参照してください。



calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

書いた記事数:85 最後に更新した日:2019/05/02

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM