お知らせ:対談 三上満×池田功




ムジカ&たびせん・つなぐ 共催


 Miyazawa_Kenji.jpgTakuboku_Ishikawa.jpg 


  啄木 と 賢治

 ──新しき「明日」に向けて


対談

    

三上満(宮沢賢治研究家)

三上満さん.jpg

全国革新懇代表世話役人、全労連議長、全教委員長などを歴任。「明日への銀河鉄道──わが心の宮沢賢治」など著書多数。「岩手日報宮沢賢治賞」受賞。



池田補正写真.jpg










(明治大学教授・啄木研究家)池田 功

明治大学政治経済学部教授。ドイツ・ボン大学などの客員研究員として西欧の啄木受容を調査。著書に「啄木日記を読む」など。国際啄木学会副会長
         


2012年4月14日(土) 13:30〜16:00


新宿農協会館 受講料:2000円

JR新宿駅南口より徒歩5分 03-3374-4381 渋谷区代々木2-5-5


お申し込み:ムジカ音楽・教育・文化研究所

musica@ny.airnet.ne.jp

TEL03-3356-5713 FAX03-3354-0751


今年413日は石川啄木の百年目の命日にあたります。1886年(明治19)生まれで26歳で死んだ啄木、そして10年後の1896年に生まれ37歳で没した宮沢賢治は、ともに岩手県が産んだ偉大な文学者であり、今も愛され続けている作家です。新しき「明日」に向けてさまざまな葛藤の中で時代を生きた二人は、311を経験し、人間のあり方を問い直そうとしている今日の社会にも大きな示唆を与えてくれます。それぞれの研究者がその共通性と違い、そして今に生きる二人を縦横に語り合います。






コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

書いた記事数:85 最後に更新した日:2019/05/02

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM