ムジカ九条の会 第10回 つどい

 ムジカ九条の会 第10回 つどい

つないで
〜おはなしとギター〜

あらためて広島・長崎の原爆のことを考えてみましょう


201247日(土)午後2開演(午後1時40j分開場)

いきいきプラザ一番町 カスケードホール  会費1200円(全自由席)

お問い合せ ムジカ音楽・教育・文化研究所 TEL03-3356-5713 FAX03-3356-5713   E-mail 5gout649@ny.airnet.ne.jp


斉藤とも子写真.GIFおはなし 斉藤とも子
「父と暮せば」(井上ひさし 作)の出演をきっかけにヒロシマに関心を持ち、原爆小頭症患者とその家族の会(きのこ会)との出合いから交流を続けています。

──1976年、NHKの「明日への追跡」でデビュー。「青春ド真ん中」「ゆうひが丘の総理大臣」など、学園ドラマで人気を得る。「男たちの旅路・車輪の一歩」で身体障害者である主人公を演じ、好評を博した。映画「ひめゆりの塔」などに出演。
1999年、井上ひさし作の原爆を扱った戯曲「父と暮せば」出演をきっかけにヒロシマに関心をもつ。その後、原爆小頭症患者(母親の胎内被爆者)とその家族の会(きのこ会)との出会いから交流を続けており、2005年「きのこ雲の下から、明日へ」を出版。 2006年にはNHKのラジオドラマ「夕凪の街 桜の国」を好演するなど、女優業と共に、全国で平和に関する講演活動を行っている。

第1部:ギター演奏     M.リュベート編:カタルーニャ民謡集より〔斉藤とも子さんの朗読も入ります〕      E.グラナダドス:詩的ワルツ集

第2部:おはなし     原爆で被災された人たちのことetc.“詩の朗読”〔益田正洋さんの演奏も入ります〕

益田正洋(縦).JPG
ギター
 益田正洋

若手実力派ギタリスト。長崎出身で、長崎原爆の日には、特別な思いを込めたメッセージを送っています。ジュリアード音楽院に留学中、9.11世界同時多発テロを体験。

──幼少時に両親の手ほどきによりギターを始める。90年クラシカルギターコンクールにて史上最年少優勝。国際コンクールにて入賞する。これまでに国内外にてリサイタル、ガラコンサートや音楽祭などにも招聘される。2000年にはジュリアード音楽院入学。研鑽を積む。発表したCDの多くがレコード芸術誌特選盤として紹介。各メディアからも支持を集め、リリースしたCDアルバムは12枚に及ぶ(2012年1月現在)。またアウトリーチコンサートにも積極的で、公共ホール音楽活性化事業支援アーティストとして活動を続けている。現在、実力派ギタリストとして注目度も高く、意欲的な演奏活動が注目されている。


◆主催 ムジカ九条の会

◆協力 ムジカ音楽・教育・文化研究所

         カスケードホール地図

カスケードホール地図.gif



コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

書いた記事数:85 最後に更新した日:2019/05/02

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM