開催報告


ムジカ交流のひろば開催
   ──東日本大震災復興支援──
主催:ムジカ「交流のひろば」実行委員会
協力:カマラード・ムジカ/ムジカ音楽・教育・文化研究所


2011年4月3日(日)、第3回「ムジカ☆交流のひろば」が東京・渋谷区代々木で開催された。この会はムジカ音楽・教育・文化研究所の様々な活動に参加する方々とその知人や友人など繋がる人々が集う会。

今回は「東日本大震災復興支援」として、同会場でのバザーによる収益金と募金を併せて被災者の方々への義援金にあてることにした。

参加者はこれまでの最高、総勢250人以上。お互いにかわるがわるステージに上がり、それぞれに工夫する演し物を演奏・演じ、観客となり喝采した。
また会はいつもの盛り上がりの中に、東北地方のような大被災を受けてはいないが、あの震災を体験した共同意識を強く感じらるものだった。

演し物の内容は、子どもたちのピアノコンサートからはじまり、歌やピアノのソロ、合唱、獅子舞、朝鮮舞踊、ダンス、篠笛アンサンブルなどなどなど。
特にプロによるフラメンコと大道芸ジャグリングは大受けだった。
また大震災で被災した岩手県岩泉本町小本地区に伝わる民俗芸能「中野七頭舞」(「なかのななずまい」
天保時代より伝わる神楽舞いの一つも舞われ、大喝采を受けていた。会は午前11時に始まり午後5時まで続いた。

IMG_4239.JPG
子どものピアノコンサート出演者

IMG_4237.JPG
司会の飯原道代さん(俳優座)とムジカの菊地彩

IMG_4275.JPG
女声合唱・くさひばりのみなさん

IMG_4242.JPG
参加型人形劇「だるまさんがころんだ」

IMG_4245.JPG
その人形劇に参加するピアノ教室の子どもたち(お母さんも)

IMG_4233.JPG
最高齢鹿野京子さんのピアノとお話

IMG_4277.JPG
弾き語りの皆川準。職業は葬儀屋で介護士。自らを「命のシンガー」と名乗る

IMG_4270.JPG
大道芸プロのモコ&シドロモドロフのジャグリングの妙技

IMG_4271.JPG
そのジャグリングをみて大喜びの子どもたち

IMG_4255.JPG
プロ・フラメンコダンサー、北原志穂さんの踊り

IMG_4259.JPG
その志穂さんです。

IMG_4251.JPG
写真では表せないたくさんの参加者と熱気
また来年!









コメント
神戸在住の佐々木和彦と申します。鹿野京子先生が感応幼稚園の先生でいらした時の園児なのですが、先生と連絡を取りたい事があるのですが、どなたか連絡先を教えていただけないでしょうか?宜しくお願いします。
  • 佐々木和彦
  • 2014/12/30 5:46 AM
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

書いた記事数:85 最後に更新した日:2019/05/02

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM